遺言書があった時の遺産分割

投稿日:

相続問題を解決するには、遺言書の存在が欠かせないとよく聞きます。
もちろん遺言書がどのような物かについては説明不要かと思いますが、改めて確認の意味も込めて遺言書について取り上げてみましょう。

遺言書には、「自筆証書遺言書」「秘密証書遺言書」「公正証書遺言書」の3種類あります。
どの遺言書でも細かい部分は違いますが、「日付」が重要なポイントです。
もしも遺言書が複数出てきた場合、日付が最も新しい遺言書が協議の対象となります。

そして遺産分割は、遺言書通りに行うのが大鉄則です。
どんなに納得がいかない内容でも、相続人は遺言書の内容に従わなければいけません。
しかし遺言書に従わなければならないということは、わざわざ遺産分割協議を開く必要ないのではと考える方もいらっしゃるでしょう。
遺言書の内容次第にもなりますが、遺言書があったとしても相続人同士の話し合いは必要です。
ではどのようにして話し合いを行うのでしょうか。

例えば遺言書に、「配偶者に全財産を相続させる」と書かれていたとしましょう。
もちろん遺言書にかかれていることは絶対なので、配偶者に財産が全て行き渡ります。
しかし配偶者に財産が全て行き渡るとなると、配偶者には遺留分も含まれているので減殺請求されることが考えられます。
この点については、よく話し合った方が良いでしょう。

また相続財産の指定をしていた時でも、相続人同士の話し合いは欠かせません。
例えば「配偶者に1/3・子供には1/4ずつ相続させる」と、書かれていたとします。
しかし割合分配は書かれていますが、誰にどの財産を分けるとは書かれていません。
財産と一言で言っても預貯金や不動産も含まれるので、どういう風に分けるかは話し合う必要があります。

ともかく遺産分割において、遺言書の存在は重要な鍵となります。
遺言書の存在を知らなかったとあっては、どうしようもありません。
その為にも協議に入る前に、遺言書の有無についてきっちり調べるようにして下さい。