遺産分割の進め方

投稿日:

遺産分割の話し合いは、どういう風に進めれば良いのでしょうか。
こればかりはケース・バイ・ケースにもよりますが、遺産分割の大まかな進め方について取り上げます。

まず遺産分割の話し合いを行う前に、相続人は誰か・どのような財産があるのかを把握します。
また被相続人の戸籍謄本や、遺言書の存在確認も必ず済ませておきましょう。
協議はもめることが多いので、しっかりと準備をして臨むようにして下さい。

準備が終わればいよいよ、遺産分割協議の開始です。
協議を行う時期は特に法律で決められていないので、都合の良い時で構いません。
ただし被相続人の遺言書で「遺産の分割禁止」をしていれば、最低でも5年は遺産分割出来ないので要注意です。
遺産分割協議の方法も、基本的には自由です。
相続人となる人物の参加が義務付けられている訳では無いので、都合が悪ければ欠席しても構いません。
ただ協議に参加したくないからとはいえ、無視をしてしまうと後で大きなトラブルを招いてしまう恐れがあります。
誰がどの財産を相続するかは、しっかりと把握しておきましょう。

遺産分割の話に決着がつけば、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議書は、必ず作らなければならないという訳ではありません。
でも誰にどの財産を相続したのかが書かれている書類となるので、必ず作成するようにして下さい。

そして遺産分割に関して相続人全員が合意すれば、分割の手続きへと入ります。
ただし遺産分割協議はもめることもあるので、話がつかないこともあるでしょう。
もし話がつかなければ家庭裁判所へ調停の申立てを行い、決着をつけます。
調停でも解決出来なければ、審判へと移ります。

遺産分割協議書が仕上がれば分配は完了で、後は各種手続きへと移ります。
預貯金や株式の名義変更や解約、不動産の登記移転等、やるべきことは沢山あります。
ただし今回紹介した遺産分割の流れはあくまでも一例にしか過ぎないので、あくまでも参考程度として留めて頂ければ幸いです。