遺産分割協議書の意義

投稿日:

相続人と相続財産が判明して準備が整えば、いよいよ遺産分割の為の協議へと入ります。
そして話がまとまり相続人全員が納得すれば、協議書を作成することになります。
でも協議書は法律で必ず作成しなければならないと定められている訳ではありませんが、後のことを考えるのならば協議書は作っておいた方がいいでしょう。

協議書を作成しなければならない1番の理由は、どのように遺産分割されたのかの物的証拠として使えることです。
遺産分割の協議は大袈裟に行ってしまえば、「口約束」だけでも十分に成り立ちます。
しかし口約束だけになってしまうと、後になって「遺産分割に納得していない」と言われてしまうかもしれません。
協議で納得していないと本人が主張されれば、カメラに協議の様子を撮影していない限りは、どうしようもありません。
だからこそ誰にどの財産を分配したのかをはっきりさせる為にも、遺産分割協議書は必要になるのです。

また不動産登記を行う際には、協議書の提出が求められます。
不動産を相続する時に名義変更の手続きを行いますが、この時に遺産分割協議書が必要となります。
更には、相続人の実印と印鑑証明書も求められます。

協議書は、相続税の計算にも用いられます。
相続税は遺産総額を元にして計算され、相続人が相続した財産分に応じて課税していきます。
他にも株券や預貯金の手続きの際にも協議書が必要となるので、作成するようにしましょう。

しかし遺産分割協議書が必要と言われても、どのように作成すれば良いのか分からないという方も多いかと思います。
協議書の作成についても特に決まりは無いので、そこまで思い悩む必要はありません。
でも様々な手続きにおいて必要となるので、誰にどの財産を分配したのかがハッキリ分かるような形で記述するようにします。
また不動産を相続する際には、不動産の所在地を記しておくようにしましょう。
インターネットを検索すれば協議書の文例やテンプレートが沢山出て来るので、是非参考にしてみて下さい。