遺産分割協議の際には相続人の確認を!

投稿日:

被相続人が遺言書に「誰にどのぐらいの財産を与える」と書かれていれば、その通りにするのが大原則です。
でも遺言書も無く特に指示もなければ、法定相続人(法律で定められた相続人)が集まり遺産分割の協議を行う必要があります。

では被相続人の財産を引き継ぐ被相続人には、誰がなるのでしょうか。
基本的には被相続人と深い関係があった人物が、法定相続人となります。
法定相続人には順番が決められており、トップに立つのが配偶者で次に血縁関係者と続きます。
血縁関係者と一言で言ってもかなり広くなりますが、優先順位としては子供・親・兄弟姉妹と続きます。
例えば被相続人に子供がいれば子供に財産が行き渡り、被相続人の親や兄弟に財産は行き渡りません。
でも被相続人に子供も無く親もいなければ、兄弟が財産を引き継ぐことになります。

しかし誰が相続人になるかについては、かなり難しい部分があります。
例えば結婚式も挙げて子供がいたとしても、婚姻届を出しておらず内縁関係になっていれば、相手は相続人にはなれません。
また相続人が行方不明になっていて消息がつかなかったにも関わらず、遺産分割時に突然姿を現すというケースもあります。
後になって衝撃的な事実が判明すると、大きなトラブルを引き起こしてしまいます。
トラブルを事前に防ぐ為にも、相続人となる人物を必ず確認するようにして下さい。

ただ法定相続人になっていたとしても、必ずしも財産を相続しなければならないという訳ではありません。
希望すれば「相続放棄」という形で、相続から外れることも可能です。
相続財産の中には現金や不動産だけでなく、借金も含まれている場合もあります。
もちろん借金を相続すれば、返済の義務も生じます。
相続争いに巻き込まれたくないという理由で、放棄しても構いません。
ただし放棄を希望する際には、裁判所の手続きが必要となります。
また相続放棄をすると借金の相続は免れますが、預貯金や不動産の相続も出来なくなるので注意して下さい。